大阪市北区・小児科・胃腸科・内科「おざわ胃腸科・内科クリニック」。大阪天満宮駅、南森町駅下車、大阪天満宮駅2番出口すぐ。小児科、内科、胃腸科の病気や経鼻内視鏡・大腸内視鏡の検査は当院にご相談ください。

内視鏡検査のご案内

内視鏡検査について

精度の高い胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査を専門医がおこないます。
内視鏡検査は病変の早期発見に威力を発揮します。
安心して内視鏡検査を受けましょう。

大腸内視鏡検査

経験豊富な、消化器内視鏡学会専門医・指導医である院長が検査を行います。
挿入性の向上した内視鏡機器を導入しており、痛みや苦しさを感じずに大腸内視鏡(大腸カメラ)検査を行うことが可能です。
大腸がんのリスクは、40歳以降増えていく傾向があります。40歳になったら一度は内視鏡検査を受けられることをお勧めします。
まずは、お気軽に当院にご相談ください。

以下のような病気の発見が可能です。

  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎
  • 大腸がん
  • クローン病
  • 感染性腸炎
  • 大腸経室症

胃内視鏡検査

経験豊富な、消化器内視鏡学会専門医・指導医である院長が検査を行います。
鼻からの内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)を行っております。これまでの口からの検査を苦手とされていた方も鼻からゆっくりと内視鏡を挿入することにより吐き気も起きにくく、短時間で検査ができますので苦しみが和らぎます。検査中の会話も可能です。
もちろん口からの内視鏡検査も行っております。

以下のような病気の発見が可能です。

  • 逆流性食道炎
  • 胃ポリープ
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 胃炎
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃潰瘍

当院では世界で初めてレーザー光源を用いた新世代内視鏡システム『LASEREO(レザリオ)』を導入しました。

「LASEREO」(レザリオ)は、富士フィルムが写真分野・医療分野で長年培ってきたレーザー制御技術を応用しており、2種類のレーザー光を観察目的に応じて自在にコントロールし、独自の画像処理技術と組み合わせることで、早期がんに特徴的な粘膜表層の微細血管などの変化を強調した画像観察を可能としてます。

BLI(Blue LASER image)での粘膜表面の観察、LCI(Linked Color Imaging)での炎症、非炎症部位の観察が経鼻内視鏡でも可能となり、経鼻内視鏡で不得手とされていた食道病変の診断や胃炎の診断が、飛躍的に向上しました。大腸内視鏡においても、より正確な診断が可能となり、ポリープ切除においても適否が明確に判断できるようになり、より小さなリスクでより大きな治療効果が得られるようになりました。

CMOS搭載スコープ
イメージセンサーに高解像度CMOSセンサーを搭載したレーザー専用スコープです。

上部消化管用経鼻内視鏡
ルーチン検査や精密検査サポートする上部消化管用レーザー専用スコープです。

炭酸ガス送気装置
安定したCO2送気により、安全な内視鏡検査や処置をサポートします。

内視鏡検査の流れ

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

検査前日の注意事項
  • 夕食は軽めにしてください。
  • 午後9時以降、飲食は禁止(飲み水はOK)
  • 早めに就寝を心がけましょう
※安全を期すために採血等、事前検査が必要な場合もあります
検査当日(自宅)の注意事項
  • 食事、飲み物(水、スポーツ飲料は可)、たばこ、薬等は禁止
※常備薬を服用されている方は、事前に医師に相談しておきましょう
検査前の処置(来院後)
  • 白い液体の薬(胃の中の泡を消す薬)を飲みます
  • 鼻の通りをよくする薬(血管収縮剤)を両方の鼻腔に噴霧します
  • 数回に分けて鼻腔に麻酔をします
    ※麻酔には、鼻腔に噴霧する方法、鼻腔に注入する方法、柔らかいチューブに塗って挿入する方法などがあります。
  • 胃の運動を止める薬を注射する場合もあります
    ※口から行う場合は、のどに麻酔のスプレーを噴霧します。
検査開始
  • 内視鏡を鼻から挿入します
    ※口から行う場合は、マウスピースをかんでいただき、内視鏡を口から挿入します。
  • 力を抜いてラクにしてください
  • 鼻からの検査の場合は口を自由に動かせるので、検査中にも医師と会話ができます
  • 医師はモニターに映るおなかの中をすみずみまで観察します
  • 検査は5~15分で終了します
検査終了後
  • 撮影した画面を見ながら検査の結果を聞きます
※組織を採取し、細胞の検査をを行った場合は、後日検査結果を聞きにいく必要があります。
検査後の注意事項
  • 鼻は強くかまないようにしましょう
  • 検査直後のクルマの運転は禁止
  • 飲食は検査終了後30分~1時間後から可能です
  • 激しい運動は避けてください
  • お風呂はシャワー程度にしましょう
※組織採取を行った場合は、刺激のある食事、飲酒、コーヒーなどは2~3日避けるようにします。医師の指示を守りましょう。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

検査前日の注意事項
  • 夕食は午後6時頃までに消化の良いものをとるようにしてください。海草や繊維質の多い食べ物は控えてください
  • 早めの就寝を心がけましょう
※前日から下剤を飲む場合もあります
検査当日(自宅)の注意事項
  • 食事、飲み物、たばこ、薬等は禁止
    ※常備薬を服用されている方は、事前に医師に相談しておきましょう
  • 検査の4~5時間前より大腸をきれいにする下剤を飲み始めます
  • 2時間ほどかけて、数回に分けて合計で2リットル程度飲みます
  • 何度かトイレに通うと、液体のような便(水様便)になります
来院後
  • 検査着に着替えます
  • 名前を呼ばれたら、検査室へ移動します
検査開始
  • 検査台に横になっておなかをラクにします
  • 腸の動きを抑える薬を注射します
  • 場合によっては鎮静剤を注射します
  • 肛門から内視鏡を挿入します
  • 力を抜いてラクにします
  • 医師は、モニターに映る腸内を、隅々まで観察します
  • 検査は数十分で終了します
※検査時間は患者さんごとで多少異なります
※日帰り大腸ポリープ切除を行っています。検査の際にポリープを発見し切除可能と判断した場合、検査当日にポリープを切除します。
検査後
  • 身支度を整えたら、撮影した画面を見ながら検査の結果を聞きます
※組織採取を行ない、細胞の検査をした場合には、後日検査結果を聞きにいく必要があります。
検査後の注意事項
  • おなかが張ってくるので、オナラをどんどん出してください
  • クルマ、バイクの運転は禁止です(翌日からOK)。自転車も乗らないでください
  • 飲食は1時間後から可能です
  • 激しい運動は避けてください
  • お風呂はシャワー程度にしましょう
  • 便に少量の血が混じる場合があります
※気になる症状がある時は医師に相談しましょう

内視鏡室・内視鏡検査設備について

電子内視鏡装置
電子内視鏡装置
当院では、富士フィルム社製の「LASEREO」(レザリオ)を導入し検査を行っております。
胃カメラの先端部径は5.9mmの超極細スコープにより口からだけでなく鼻からの胃内視鏡検査も行っています。
内視鏡診察台
内視鏡診察台
椅子型診察台イクスフィールを設置しております。回転椅子と診察台がひとつになった椅子型診察台です。
内視鏡洗浄室
内視鏡洗浄室
内視鏡室とは別に洗浄室を設けています。
最近、ヘリコバクターピロリ菌や一般細菌の内視鏡介在感染が問題となっています。
これらの内視鏡介在感染を防止する為内視鏡消毒装置を導入しました。当院では、清潔な内視鏡での検査・治療を心がけています。
回復室
回復室
検査が終わりましたらこちらでお休みいただきます。音楽が流れる部屋でリラックスしていただけます。

クリニック情報

診療時間

胃腸科・内科

診療時間
 9:30~12:30
16:30~19:00

☆胃・大腸内視鏡、随時受付

休診日水曜、日曜、祝日

小児科

診療時間
 8:30~12:30
13:30~15:00
17:00~19:00

▲…予防接種・乳幼児健診(予約制)

休診日水曜、日曜、祝日

クリニックのご案内

〒530-0044
大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15
若杉グランドビル別館 1F

JR東西線「大阪天満宮」駅及び 地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」駅下車。
「大阪天満宮」駅2番出口すぐ

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6351-4646
PAGETOP
Copyright © 2017 おざわ胃腸科内科クリニック All Rights Reserved.